お祭り衣装の浴衣は気軽に着こなしたい

夏の衣装と言えば、浴衣ですよね!

日本の夏の定番の衣装と言えば浴衣があります。
浴衣は涼しさを感じられますし、服よりも軽くて楽で良いです。
夏の花火などは浴衣で見たりする方がより風流と言えます。
浴衣選びをする場合は、難しく考えずに自分が好んだ柄の物を選べばよいです。
ポイントとしては、身長があまり高くない人の場合は大きめの柄よりも、小さい柄の方が良いです。
着用時に折角の大きい柄が隠れてしまうこともあります。
逆に背の高い人は大きい柄の方が良いと言えます。
とは言え、上手に着こなせば柄の大きさなんて気にしなくても良いです。
初めて浴衣を購入する人は、とにかく自分の好きな柄を選んでみましょう。
体系を少しでも細くしたいと思うのであれば、縦線が強調されている浴衣を選ぶと細く見えるので良いです。
普通の服でもそうですが、縦線の服を着れば細く見えます。
横線の服を着れば太く見えやすいです。

浴衣の購入には帯も必要となってきます。
基本的には浴衣に使われている色の中から選べば失敗は無いと言えます。
ある程度の浴衣着こなしベテランになってくると、浴衣に使われている色の反対色や使われていない色を選んだりしています。
外に出かける時には、バックを持つものです。
浴衣に合うバックは麻の素材や竹の素材を使用したかごバッグです。
見た目の涼しさだけでなく、浴衣の魅力も引き立ててくれます。
扇子や下駄、髪飾りなど浴衣には必須のアイテムが多いですが、普段の生活では味わえない和の服装を楽しむのも良いものです。